億単位の借金を背負ったら!返済するために重要なこと!

小さな借金であれば地道に返すという方法があるでしょう。しかし、億単位になるとそれでは返しきれません。利息を返すだけで精一杯になり、返済を途中で断念することになります。そう考えると、始めから返すか返さないかを決めてから、行動することが大事です。

ここでは億単位の借金を背負ったとき、返済をするために重要なことを解説していきます。

今あるものを確かめる

億単位の借金を背負うと、何も残っていないと考える人は多いでしょう。しかし、実はそうではないのです。精神的に追い詰められると悲観的になるので、そう思い込んでいるだけで周りはあまり変わりません。借金を背負ったことで離れていく人もいるでしょう。

そのような人が分かっただけでも借金を背負った価値があります。借金を背負ったことで離れていく人は、始めから信用できない人なのです。また、借金を背負っても助けてくれようとする人もいます。そのような人こそ人生では大事にすべき人です。

さて、自分の周りを見渡してみて、何があるでしょうか。残っているものには価値がないかもしれません。そうだとしても、手元にあるものを最大限利用することは大事になります。信用、取引先、連絡できる人などビジネスに役立ちそうなものは、余すことなく書き出しておきます。

どこでどう役に立つか分からないので、いつでも使えるように用意だけはしておくことが重要です。

自己破産は一つの手段

自己破産で借金を帳消しにするという方法があります。これでは返済することにはなりませんが、借金をなくすことができる手段です。借金を背負った人はこの方法を考えることが多いです。しかし、自己破産をするためには条件をクリアして、裁判所から自己破産を認められなければいけません。

裁判所で認められなければ、自己破産をすることができないのです。このようにして自己破産をしたあとは、借金ができないことやクレジットカードを作れないことなどがデメリットとしてあります。普通に暮らしていくのであれば、問題なく暮らせるでしょう。

そうではなく、もう一度挑戦したいとなったときに自己破産をしていると、同じところから借りることができないというデメリットがあるのです。銀行などの貸金業社は基本的に債務整理をした個人に対して、二度とお金を貸すことはありません。

そのため、以前付き合いのあった取引先であっても、自己破産をすると取引できなくなります。自己破産をするなら、そこまでの覚悟を決めてから行うことが大事です。

地道に働くというのは億単位の借金を返す手段にはならない

億単位の借金を背負って、労働者として働いて返済するというのは厳しいでしょう。億単位の借金になると、利息だけで一般的な労働者の年収に匹敵します。そう考えると、会社員として給料をもらって返済するという方法は現実的ではありません。

それであれば、成功報酬や出来高払いの会社で働く方が望みがあるでしょう。億単位の借金を返すなら、大きく稼ぐことを考える必要があります。大きく稼ぐために大きな稼ぎになることを見つけることが、借金返済の重要なポイントになるでしょう。

逆にいうと、それ以外の方法を削ぎ落としていくと、稼げる方法にたどり着けるかもしれません。自分なりの稼げる方法がどこかにあります。ただ見つけられていないだけです。地道に働くなら、その何かを見つけてからの方がいいでしょう。

ビジネスを始めることが重要

億単位の借金を返すときに重要になるのが、自分でビジネスをすることです。小さなビジネスでもいいので、収入を得る方法を身に付けます。そこを基礎にして地道に努力を重ねていけば、ビッグビジネスになる可能性があるでしょう。

自分でビジネスをしていないと、その可能性が低くなります。ビジネスを始めれば、億単位の借金を返すことができるチャンスが見えるでしょう。

チャンスが見えたら、つかむことが大事なのです。チャンスが回ってくるまで待っていても、転がってきません。自分でつかみに行くことが重要です。特にマイナスからのスタートなのですから、がむしゃらにチャンスをものにする気持ちは大事です。

他にビジネスを始めるときに大切なこととして、失敗しても今以下になることはないと開き直ることです。

開き直ってしまえば、大抵のことを乗り越えられます。自暴自棄ではなく、開き直ってビジネスを展開しましょう。

失敗しても諦めないで借金を返すこと

ビジネスを始めたからといって確実に成功するわけではありません。失敗することも多いでしょう。そこで大事になるのが、失敗しても諦めないことです。億単位の借金を返すのですから、ちょっとくらいの失敗で諦めていては、いつまでたっても返せません。

また、死ぬ気で頑張っていれば、失敗をしても応援してくれる人が現れるでしょう。一人で始めたつもりのビジネスでも、一人きりでビジネスはできません。取引先やお客さんがいなければ、成り立たないからです。そんなビジネスの中で、助けてくれる人が現れても不思議ではありません。

そうやってだんだんといい方向に向かって動いていくのです。そう考えると、諦めないで頑張ることが重要なのです。

→借金に際しての覚書とその書き方

債権者と話し合い事業の成功を待ってもらう

借金があるときには債権者がいます。その債権者はお金を返してほしいでしょう。一方で、債権者は自己破産してしまうと何も戻ってこなくなることも考えるのです。そのため、追い詰めすぎないことを心得ています。特に事業が軌道に乗り始めているのであれば、交渉の余地があります。

しっかり借金を返すために、一時的に借金を待ってもらうように交渉することは重要です。しっかり返せる見込みがあるのであれば、債権者も耳を傾けてくれるはずです。ただし、この交渉はある程度ビジネスが出来上がってからすることが大事です。

その前だと、早く返せと言われるばかりで交渉の余地がありません。見込みが立つと債権者としては交渉に応じやすいでしょう。

億単位の借金を返すときには学ぶことと地道な努力が必要

急にビッグビジネスを思いつき、お金が天から降ってきて、成功するという人は世の中でも稀な人でしょう。そうではないのであれば、ビジネスで成功するためには学ぶことと地道な努力が重要です。億単位の借金を背負った理由を考えて、新しいビジネスで成功するための糧にするのです。

そうすることで、成功する確率を上げられるでしょう。地道に努力をしないと同じような失敗を繰り返し、結局は借金を返せないという結果になります。大きく稼ぐために小さなことをしっかり積み重ねることが最終的に大きく稼ぐことに繋がるのです。

→借金を返せないときの対処法

参考情報(借金) … 債務整理・借金返済の無料相談なら弁護士法人アディーレ法律事務所